作業員

キャップボルトと六角ボルトの差|様々なネジ規格について知る

利便性の高いボルト

工具

キャップボルトは、頭部形状に六角穴を採用しているボルトです。従来のボルトというのは、頭部形状が六角となっているため、その締付作業にはソケットレンチを利用する必要がありました。しかし、ソケットレンチで締付作業を行うためには、並び合うボルトとボルトの間を広く取る必要があたったのです。キャップボルトであれば、六角レンチを使用した締付作業を行うことができるため、並び合うボルトとボルトのスペースをギリギリまで狭めることができるでしょう。ボルト間の省スペース化によって得られるメリットというのは、装置のコンパクト化にあります。また、キャップボルトを利用することで得られるメリットというのは、それだけではないのです。
従来のボルトというのは、使用する工具の都合上、どうしても頭部部分が突出してしまいます。キャップボルトであれば、頭部部分をネジ穴に収めることが可能なのです。そうすることで、装置のコンパクト化だけでなくデザイン性も向上させることができるでしょう。その他のメリットとして、ボルト破損リスクの回避が挙げられます。六角穴というのは、呼び径が合致する六角ボルトでなければ締付作業を行うことができません。そのため、締付トルクが強すぎた場合に発生するボルトの破壊リスクが発生しないです。しかし、締付を行うための六角ボルトが破損してしまう可能性があるので、力いっぱいに締付を行う場合には注意が必要です。このように、キャップボルトは高い機能性を持った画期的なボルトなのです。